FAQ 


 B級ラジオとその他のラジオの境目(または収集基準)はどこですか?

・ Cheap で Kitsch な中に、ある種の Pathos を感じさせるもの。当然、個性的!
 一般に「うさんくさい」風貌をしている。
     注:
kitsch(ドイツ語:「まがい物」「本来の目的とはちがう用途で使う物」の意味)

・ 安価で手に入るもの。(1,000円以下を一つの基準としていますが例外はあります。)

 実用性よりも装飾性や、遊び心を持ったもの。

 名もなき中小メーカーが作ったもの。(これにも例外はあります。)

 

 ノベルティーラジオとどう違うのですか?

・ Novelty(目先の変わった商品)という単語が合わないとは思いません。ただ、一般には商品のオマケのようなニュアンスで使われたりしますが、そういう意味ではありません。
 いずれにせよ、言葉の定義を厳密にするつもりはありません。「こんなラジオがあるんだ!」ってな感じで、「風変わり」を楽しんでいただければ本望です。

 

 B級ラジオはどこで手にいれたのですか?

もっぱらインターネットオークションですが、世の中は広いもので、希に同じ趣味の方から譲っていただいたものもあります。

 

 すべて所蔵品なのですか? またちゃんと鳴るのですか?

世の中にはもっと変わったラジオがたくさんあります。お金をかければ、超レアなものも手に入るでしょう。しかし、そうすると逆にB級感覚が損なわれていきます。コレクションとしてはプアですが、すべて所有しており、かつ動作可能な状態にしています。

 

 分類方法がよくわかりませんが・・・?

痛いところをつかれました・・・。用途や形状で気ままに分類していますが、いずれ数が増えてくれば、分類法を検討しなければならないでしょう。その場合は、複数のクエリーから検索ができるようにしたいと考えています。

 

 回路図とか内部の写真とか公表してもらえませんか?

写真の下等に (INSIDE) ボタンがあれば押してみてください。内部が覗けるようにしてあるものもありあす。回路図は100円、300円ラジオのように公開しているものが一部にありますが、多くはそこまで出来ていません。

 

 売ってもらえるものはないですか?

基本的には趣味のコレクションなので、お売りできるものはありませんが、複数所蔵していて遊んでいるものもあります。「おゆずりできるカモ」マークがつけてありますので、メールでお問い合わせください。

売店コーナーがありますが、ここは手作りラジオキットを通販するためにつくりました。

 

 こんなラジオを集めている人はたくさんいるんですか。

ラジオを集めたり、修理したりする趣味はそうめずらしいとも思えません。しかし、ほとんどが、アンティーク趣味とか、技術的な興味で集めておられる方だと思います。おもちゃのラジオのB級感覚に拘る人間は変わり者です。潜在的には存在するでしょうが、ホームページにまとめるほど凝った人はあまりいないと思います。

しかし、世界は広いです!探せばそういう変人のホームページが見つかります。ノベルティラジオリンク集(海外編) としてまとめてみましたのでぜひご覧ください。

 


その他のご質問は webmaster@kn.org  まで