やはりもらうと嬉しい・・・

 

ほっかほっか亭
スケルトン型ラジオ

運動会や遠足の弁当といえば、かつてはお母さんがいつもよりちょっと早起きをして、腕によりをかけて作ったものだ。いつもと違う豪勢なオカズに、子供の心はささやかな幸に満たされたものだった。

その弁当に少しづつ変化が現れているらしい。弁当屋さんの豪華な幕の内を持ってくる子供が増えたと小学校の先生から聞いたことがある。手間やコストを考えると、たしかにプロが作った弁当の方に分があるのかもしれない。(ましてや、ラジオのオマケがついているとなれば・・・)
おっといけない、ラジオに目がくらんで、失われつつあるものについての考察を忘れるところであった・・・。

【特徴】
卵型のかわいいシースルー・ラジオである。立派なイヤフォンもついていて、AM、FM、そしてテレビの1〜3チャンネルの音声が聴ける。受信性能もそう悪くはない。構造的には二枚貝のようになっており、上蓋をあけるとイヤフォンが取り出せる。邪魔になりがちなリード線をリールで巻くような仕掛けがある。できれば巻尺式に、イヤフォンを引き出せるようにして欲しいところだが、あくまでお弁当屋さんの景品なので、贅沢もいえないところだ。

【仕様】
AM/FM/TV(Low) 単四電池2本使用
出生地 もちろん中国

 

このラジオ、腹巻の中に入れると懐炉にもなるらしい・・・。やってみたが効果は確認されなかった。でも音質は確かにホカホカと暖かみのあるものだった。

余分な匂いが一切しないのは、備長炭が効いているのか・・・カテキン効果が期待でき、マイナスイオンを発しているといううわさも聞く。

究極のアメニティーラジオに違いない。

【特徴】
内容的には こちら とまったく同一のラジオであり、違いは上に「ホットカーペット」とコマーシャルのシールが貼ってあるだけである。シンプルな回路だが十分実用性がある。

【仕様】
AM専用 単四電池2本使用
出生地 もちろん中国

National 備長炭カーペ

 

松竹梅「天」のオマケ
天下一の桃太郎のFMラジオ

【特徴】
宝酒造「松竹梅」についてきたラジオ。説明書きには15項目およそ600文字を費やして、「使用上の注意」が列挙されているが、ラジオとしての性能は涙が出るほどプアーである。いろいろ手をつくし、ローカル局が何とかひとつ受信できて一安心。
刀をもった右手が Reset、袋を持った左手が AutoTuning のボタンとアイデアとしては良いが、なんとも押しにくい。足元の円盤がボリュームになっているけれど、少し廻したところで発振してブザー状態に・・・。
♪あーげましょう、あげましょう、こんなラジオでよかったら〜、みんなぁまとめてあげましょう・・・♪

【仕様】
FM専用 ボタン電池CR1220 1個使用
出生地 中国

♪モーモたろさん、モモたろさん、お腰につけたミニラジオ〜、ひとつわたしにくださいなぁ♪・・・と登場したのが、天下一の桃太郎FMラジオ。
額にきりりと締められたはちまきには、どこやらで見た「天」の御印が・・・。

さっそく例の島へ鬼退治に出かけてくださいよ・・・あれっ、今日のモモさんて、なにかお酒臭いわよん。そんなじゃ鬼さん達に一発で返り討ちされちゃうぢゃない!

* * * * * * * * * * * * * * *

オマケのオマケ
外付け モモのスピーカー

このラジオには何と可愛いモモ型の外部スピーカーがついている。お宝箱にはちゃんとアンプも入っているよ。

 

特別寄贈品
Special Thanks to えーじさん
エスエス製薬 ぴょんちゃんラジオ

【仕様】
AM/FM/TV 単四電池2本使用
出生地 中国

「○○製薬株式会社製造何とか丸」なんてネーミングでは薬も売れない時代だ。
カエルさん、ウサギさん、ゾウさん・・・とにかく記号性の高い動物達を大集合させて、イメージ戦略だ。

もちろんキャラクタは可愛くなくちゃいけない。ニシキヘビやブチハイエナやエリマキトカゲなんかのお薬だと、子供達が逆にひきつけをおこしてしまう。

「これ飲んで、明日はお外でぴょんちゃんと遊ぼうね・・・」なんて展開が望まれているわけね。

【特徴】
写真からおわかりのように、 別の場所で展示したJR西日本ラジオ と中身は同一物。手前のプリントが異なるだけだ。どんな収集趣味でも同じことだが、コレクターにとっては、わずかな差異が大問題。ラベルが違えば、完全な別物だ。何だかんだ言って、集めるアイテムを自ら増やしているわけね。