擬態って知ってる?

マウス型ラジオ-1

【仕様】
FM専用 単三電池2本使用  出生地不明

パソコンのマウスはなぜマウスって呼ばれるのか?誰に訊いても同じ答えが返ってくる。「だってネズミちゃんに似ているでしょ?」・・・って。

しかし、よくよく眺めるとぜんぜん似ていないことがわかる。顔の上から尻尾が出ているし、やたら尻尾が長く、壁につながれていて行動範囲が超狭い。このラジオのデザイナーもきっと同じことに悩んでいたはずだ。こいつは正真正銘ねずみちゃん、しかも少し大型のドブネズミなんである。

できることなら、ちゃんとした顔をつけてほしかったし、ちょろちょろ餌を探しに出かけて、今日はラジオが聞けないなぁなんて日があってもよかった。

【特徴】
FMの感度がよく、完全に実用性がある。オートスキャンで選局もばっちり。(ただし、スキャンニングが一回きりで、バンドエッジまでいくと止まっちゃう。)スタートボタンと、ポーズボタンが電子式ON-OFFスイッチになっていて、メインのボタンは右側面に別にある。
真っ白ボディーのCompaqちゃんも時々出てくる。

最近、流しに置いてある石鹸がよくちびていくなぁと思っていたら、なんと夜な夜な彼女がかじっていたようだ。(右はその現場撮影に成功したときのもの。)

やや目つきはよろしくないが、体全体がピンクで、鼻の先が、赤鼻のトナカイさんよろしくピカピカ光っている。とても可愛らしい音で鳴いてくれる我家の「ミニーちゃん」だ。

【特徴】
性能的にはツーボタン式FMラジオの標準的なものだが、随所に細かな工夫が見られる。まず目につくのが鼻の穴。赤色LEDで、スイッチONで常時点灯している。ここまでやるならチューニングインジケータを兼ねればよかったと思うのだが・・・。
ボリュームにスライド式を使っているのも珍しい。これはアンテナの働きをしている尻尾と連動していて、ひっぱると音量が大きくなる仕掛けだ。

【仕様】
FM専用 単四電池2本使用
出生地 中国

マウス型ラジオ-2