200円足せばこの余裕!

ダイソー300円
AMラジオ

人は「飽きる存在」である。永遠に醒めることがないと思われたワンコインの媚薬も、やはり人間のこの本性には効き目がなかったようだ。

買う側の「飽き」と、売る側の利潤追求(やっぱり儲からんなという本音)が微妙なところで決着がついた。答えは簡単!ワンコインをツーないしはスリーコインにすれば良いだけだったのだ。

いろいろ議論もあったことだろうけれど、さすがに100円ではコスト割れしていたであろうラジオが、まずは300円となって新登場した。
セットとして両耳イヤフォンがついてくるので、実質は200円ラジオということになるのだが・・・。

【特徴】
100円→(実質)200円の変化は実に大きい。まずボディーの角が取れて非常にスマートになり、背面にはシャツのポケットにひっかけられるようなクリップがついている。
電源スイッチにはスライド型が採用され、赤色LEDのパイロットランプがついている。電池格納部と基板部分はセパレートになった。電池を取り替えるたびにラジオの内臓を全部拝む必要がなくなったのだ。

中身の変化はさらに大きい。100円ラジオではディスクリート3石スーパーの構成だったが、今回はTA2003P というワンチップのICが採用されている。このICは外付け部品数点で、AM/FMチューナーが出来上がってしまう優れものだ。
回路図*を見てみると、非常にシンプルに構成されているのがわかる。中間周波増幅部には465KHzのセラミックフィルタが採用されているが、残念ながらフィルター特性が甘く、近接周波数の強い局が混信してしまう。
低周波出力部は2石のダーリントン回路が採用されて、音に余裕が出てきた。マッチングトランスを介すれば、スピーカーが鳴るだろう。(この件についてはパッケージに誇らしげに書いてあるが、そんなに凄い技術でもないのだけれど・・・)

* 「ブレッドボードラジオ」ホームページ を参照

【仕様】
AM専用 単四電池2本使用
出生地 中国
イヤフォン付き アナログボリューム&チューニング

300円AMラジオを改造して作った BCLラジオもどき を紹介しています。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ダイソー300円
FMラジオ

上記AMラジオの一部をちょいと変更するとそのままFMラジオになるので、そういう回路設計かと思うとさにあらず。シリーズとしては同じでも、中身は別物のラジオといってよい。(右2枚の写真参照)

アナログチューニングのFMラジオだと、他バンド受信機等に改造する楽しみも残るというものだが、多くのB級FMラジオと同様に、オートスキャンラジオに落ち着いてしまっている。ちょいと残念。

【特徴】
ラジオとしての基本性能は最低条件をクリヤーしていて実用的。音質も悪くはない。スイッチのクリック感も比較的良いが、ケースと一体整形のプッシュ部分がやや固く、押しづらい。

【仕様】
FM専用 単四電池2本使用
出生地 中国
イヤフォン付き チューニングはオートスキャンとリセットの2ボタン方式、ボリュームはアナログ式